LINE TEL

シンスプリント | 本川越駅徒歩2分 ゆら川越整骨院

お問い合わせはこちら

シンスプリント

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)は、陸上の長距離選手やジャンプを行うスポーツ選手に多く、脛骨(すねの骨、弁慶のなきどころ)の内側、中央よりやや下1/3の部分が痛みます。腫れや熱はありませんが、患部を指で押すと、とても痛みます。
程度が進んでくると、疲労骨折をすることがあるので注意が必要です。
一般的な治療法は物理療法・テーピング・足底板などですが、長い経過をたどることが多いです。

ゆら川越整骨院・整体院/シンスプリントとは?

シンスプリントのお悩みは当院にお任せくだい。当院では平均3~5回のなかで終了しております(程度が軽ければ2~3回)。※疲労骨折の疑いがある場合は画像診断をお願いすることがございます。

シンスプリントになりやすい人の特徴はいくつかございます。

などです。
痛みがとれた後も同じ条件で過ごしていると再発することがあるので、姿勢の改善・柔軟性の改善方法なども指導させて頂いております。